静電塗装

静電塗装とは、高圧の直流電気を利用した塗装方法であり、従来の塗装方法(ガン型方式)に比べて最高95%の塗着効率が可能であるため金属製品の大量生産方式に広く採用されています。

その概要は、静電塗装機をマイナス側とし被塗物をプラス側として、この間に高電圧を加えて静電界を形成し霧化した塗料粒子をマイナス側に帯電させて噴霧する方式のものです。

又、SANSHOは下記のようなディスクの回転で塗液をより微粒化させ、より高品質の仕上げに対応できる静電塗装装置を有しており、様々な業種の様々な顧客のニーズに対応できる体制をとっています。


静電1.jpg
クリックすると拡大します